2017年まとめ

今年は芸人さんに同情しまくった年でした

■はじめに

ちょくちょく

「○○嫌い!」

という言い回しを使います


イメージはこのネタ動画の4:47あたりでの

岡安「(あるグループ名)嫌いだよぉ!」

ぐらいのテンションの言い回しだと思って下さい



■一番書いておきたい事
・ケータイ大喜利でメジャー初段に昇格した

苦節十年ぐらい

最初は板尾さん目当てで見ていましたが

途中から大喜利が楽しい物だと思うようになって

答えを投稿するようになり、そして採用されないまま時は流れ

今年、ようやく採用されました

採用された瞬間に「よっしゃー!」と叫んだため

我が母に私が特効さんと言う名前であることがバレました

あと何十年かかってもいい、降格してもいい

これからも投稿し続けようと心に誓ったのですが……


・ケータイ大喜利終わった

愕然としました

IPPONグランプリにケータイ大喜利難民が流れ込むー!

この番組を終わらせるなんて、何のための公共放送なんだ

誰の為の放送だと思っているんだ

受信料着服したやつもいるし

NHK嫌い!

私にとって今のNHKに価値がある番組は

わらたまドッカ~ンと(見てはいないが)天才てれびくんだけです



■なぜ芸人さんに同情しまくったのか?

元々2016年の段階でダブルブッキングというお笑いコンビを面白いと思っていて

「自己満足。」という本を読んでいました

まー書かれているわやべーエピソードの数々

感受性豊かな人が読んだら涙するんじゃないかと思うぐらい

「この人達大丈夫なんか?」となるやつもちょくちょくあって……

これをきっかけにダブルブッキング含む色んな芸人に対して

「いい思いをしてほしい」

と思うようになったのです

そうして芸人さんに感情移入するようになると

同情も多くなって来るわけで……

一番芸人に同情したケースは

・宇治原君、可哀想に……

アタック25でパネル0枚獲得となり

相方のいじりによってゼロ原君となってしまった宇治原君

しょうがないです

相手の手ごわさ、宇治原君がちゃんとできなかったんだから

あの時の宇治原君に強さが足りなくて負けたのは事実です

けどこれをきっかけに元々宇治原君アンチだったものの

特につつけるところがないから溜め込んでいたやつらが

バーンと吹きあがってしまったらしく……

Qさまをやらせだと言い張るやつ

宇治原君はツッコミなのにカズレーザーと比較してボケを要求するやつ

ちゃんと一連の番組を見ていれば絶対に出ないはずの言葉

よっぽど悪意があるかよっぽど偏差値が低い人じゃなきゃ出てこないような文

ネットの世界で色々目の当たりにしました

宇治原君、可哀想に……

やべーなあいつらハイエナかなんかか?

考え方なんて人それぞれなんだからそう思うのもしょうがないかもしれないですよ

証拠ないのにやらせだのなんだの言うやつはおかしいと思うけど

そう感じて発表するのは止める権利ないですよ

でも

デイリーニュースオンライン嫌い!

あれで書いて金儲けしていると考えたら腹が立ちました

本当は特定個人に対する発言ですが

はっきり言って個人名を出したくないので、発行元の方で叫びました

ありゃだめなやつだ

多分引き返せないレベルで関西吉本アレルギーなんだろう……


・芸人解散ドキュメントに胃をやられた

僕が舞台を降りる日

見ていて、めちゃくちゃ重い気分になりました

ちょっと考えればわかることでした

しかしテレビに出る事もなく、何の記録に残る事もなく

存在が世間にまともに証明されないまま

芸人人生を終える人がほとんどであると

はっきり突きつけられたような気分になりました

実力ある芸人からの「辞めるな」という言葉が

呪いにしかなっていないのではないかなど

辞められた人は実はかなり現実的で賢い人なのではないか

やっぱり今お笑い芸人やっている人は

芸人の誰かや芸人という称号そのものに憧れていたり

本当にお笑いが好きな酔狂な人なんだろうとか

思う事は色々ありました


・キングオブコントやM-1の動向を初めて見守った

こうして完全に芸人さんに同情するようになってしまい

キングオブコントやM-1グランプリの動向を見守るようになってしまいました

歌ネタ王? 見守っていません。決勝は見たけど

M-1の予選の動画を見たり、情報をちょっと集めたぐらいですが

まー、あんな思い二度としたくないですね!

何でお笑いの大会を胃を痛めながら見守らなきゃならないんだ

こっちは笑いたいんだ。心の底から笑いたいんだ

受かる人がいれば落ちる人がいるのは当たり前

落ちた人は、受かるだけの突き抜けたものがなかったに過ぎない

不思議な勝利はあっても奇妙な負けは存在しないのがお笑いの世界のはずなんだ

勝ち上がった人はすごい

自分が好きな芸人さんがあがってきたらそりゃあ嬉しいだろう

落ちたら悔しいだろう

けど、上がって来た人を称えないと……

色々な思いがぐるぐるめぐる状態で見守る

そんな思い二度としたくないですね!

私がお笑い好きだったらそんな思いはしなかったでしょう

きっとどんな芸人さんがあがろうと嬉しくなって

決勝を楽しみにできたはず

けど私はお笑い好きじゃありません

何組か好きな芸人さんがいるというだけです

お笑いそのものが好きかと言われると「いや、違う」と答えます

私の中でその差はかなり大きいです


・ダブルブッキングの話

話は少し戻ります

宇治原君の次ぐらいに同情したかもしれない芸人さんですね

昨年テレビでネタを見て気になりだして色々と高じた結果

単独ライブに行きました。DVD発売イベントも行きました

あと、虎の門も見ました(本来の目当ては板尾さんでしたが……)

めちゃくちゃ面白い芸人さんだと思いました

だからキングオブコントも

「ダブルブッキング大丈夫かな?」

と言う気持ちを強めにして様子を見ていたんです

ダブルブッキングが準決勝にまで駒を進めて

しれっとななめ45°が準々決勝で敗退したとわかった時には

「ホリプロコムの未来が何でこのコンビに託されているんだ」

ともちょっと思いました

あの事務所、後進育っているんですかね……

ホリプロコム直属の芸人で賞レースに勝ち上れる可能性があるやつ

著しく少ないよう思えるんですが、大丈夫なのでしょうか?

話がそれました。ダブルブッキングのキングオブコントに戻ります

いいネタあったから絶対勝ち上れる! と私は思っていました(芸人体操のことです)

けど、いざ情報を集めてみると賛否両論様々

賛否の否の理由に納得いくのもけっこうありました

そしてそれを見た瞬間

「あ、そうか。みんなそうなんだ」

どんなお笑い芸人だって切り札クラスのネタがあって用意している

大会にめがけて磨いたりもしている

それを見たファンは勝利を確信する

けど、現実として勝利するのはごく一部でしかないという

本当に当たり前だけど、わかっていなかったことを悟りました


キングオブコントは結果、ダブルブッキングは準決勝敗退でした

あかんかったと分かった時に

「ダブルブッキング、大丈夫かな……」

と心配になりました

なんせ売れていないお笑いコンビ

ギリギリですらない危険な場所で生きているイメージがある二人

燃え尽きていないかと思いました


けど、キングオブコントの後に配信されたオフレコを見て

それは杞憂だったんだと思いました

勝手にこっちが心配して勝手に杞憂だと結論づけただけなんですが

これを見てようやくホッとできました

まだすべてが終わったわけじゃない、次がある

そもそも大会はキングオブコントだけじゃないし!

どこまで芸人続けてくれるかはわからないし

私もどこまで興味を持ち続けられるかはわかりませんが

面白いと思い続けている限り、ダブルブッキングの見守って行こうと思います

そして、こんな感じで同情しながら大会を見守るのは今年だけになると思います

来年からはぼんやり見守って、決勝をテレビで見てゲラゲラ笑うだけになると思います


・板尾さんは可哀想……ではないか

前々から不倫報道(というより警察沙汰にならない案件)は

当事者同士が色々やりゃいいじゃんというスタンスでした

不倫自体は法律で軽く怒られる奴だからやったらだめだと思うし

私は絶対にやりたくないですが

他の人がやらかした話に対してはだいたいそのスタンスでいたと思います

無関係の一般市民が吹き上がったところで何もならないし……

で、とうとう近い所から振りかかって来ました

板尾さん、何やってんの?

最初記事を見た時変な笑いが止まらなくなりました

そして不倫についてたいして否定もしなかった瞬間

「え、何やってんの?」

となりました

これに対する見解は

・家族に怒られろ

・嫁さんに許して貰えたって言うけど、多分許し切れていないんじゃないかな

・ほんこんさん大丈夫かな(大丈夫そうだった)

ぐらいです

これをきっかけにファンやめるってことはなかったですね

この件でバチボコ叩いてくる人については

元々条例のやつで吹き上がっていたような人が余計吹き上がったんだろうな

そんな認識でいます



・ウーマンラッシュアワー村本もちょっと気の毒だったな

THE MANZAIで披露していたネタですね

あのネタにジブンの偏った思想を勝手に乗っけて

何か色々言っていた人のことを気色悪いと感じました

あのネタ、政治色はあったとは思いますが

個々の案件に賛成・反対までは言っていなかったはずです

手法としては「ようこそファンクラブへ!」と大差ないですし

しかし、どうもこのネタの主である村本のことを

賛成派または反対派であると勝手に決めつける人がいて

村本に近づくぐらいならまだしも、勝手に喧伝する人がいるようで……

そんな他人のネタを勝手にジブンの思想の主張に利用するのは

だいぶまずいと思います

あと、あのネタで村本のまくしたてるような問いに対して

色々と答えを返しているのは東のパラちゃんこと中川パラダイスなんですが

そっちには何か飛び火していないかな大丈夫かな?



■その他細かいまとめ
・流さんと京都・奈良へ行った

京都・奈良 キョナラ


・いい時代になった

カーレンジャー関係映像上映会@大阪 に行って来た話

よしひろさんの色々な映像を拝めました

当時追いかけられなかったことを今からでも追いかけられた

最高でしたね!


・引き返せないレベルで攻撃的な人が立て続けに出てきている

特に女性で……そういうのには近づいたらだめですね


・ゴシップ誌の金もうけや悪意に付き合いたくない

ああいう文読んだら精神汚染されますね

変な文嫌い!


・電通と相撲の世界に未来ある若い人は近づかない方がいいと思った

潰されるから!

嫌いとかそういう次元の話じゃない。あの世界には入らないほうがいい!

そう思いましたね


・私はクイズ番組好きだけどクイズ好きではないかもしれない

さっきの好きな芸人さんはいるけどお笑いが好きなわけじゃないと同じ理屈です

クイズ番組で解答者がクイズやってわいわいがやがややっているのを見て楽しみたい勢です


・吹き上がっておきたいことがある

基本的に、不倫は一人でできるものじゃない

二人そろわないとできないことだよ

何で雑誌が不倫を報じるかって、金もうけのためだよ

あっち側には正義感も倫理観もないしそれには基づいていないと思うよ

正義感や倫理観を適度に持っていたら無意味さに気が付いてブレーキかけているはずだもん


■最後に

なんか今年は負の感情が多かったな……なので、来年はたくさん笑いたいです!

来年の目標は「芸人さんの単独ライブをたくさん見に行く」です

関東・関西問わず興味を持ったらとりあえず見てみよう!

ぐらいの気持ちで頑張ります


■現状、単独ライブやっていたら行きたいと考えている芸人さんリスト

・ダブルブッキング(絶対に行きたい)

・スーパーマラドーナ(M-1でチケット売れていないって言っていたけど、マジっすか……?)

・ななめ45°(ダブルブッキングが関係するDVDを見ているうちに巻き添えに近い形で興味を持ちました)


終わり!
スポンサーサイト
プロフィール

特効さん

Author:特効さん
主にヘキサゴンⅡクイズパレード(特に里田まいのおとぼけ)をネタにしていました。現在はブログでクイズ番組(主にQさま)のSSを書いているよ。pixivやっているよ。twitterもやっているよ右側にあるリンクとかから飛び込めるよ。下の方にメールフォームがあります

期限無き投票
ヒマがあったら投票していってくれちょ。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
特効さんと相互リンクしたい人、拍手では言えないことを言いたい人はこちらからどうぞ
カウンター
pixiv
特効さんの絵だよ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム